• image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image04

栽培品種

葡萄ごとに最適な畑へ

畑はブロック分けのうえ管理されており、それぞれに最適の葡萄品種が植えられている。緩やかな稜線を描き出す山上の土地に位置するケンゾー エステイトの葡萄畑は、起伏に富んだ地形とサン・パブロ湾から吹き上がってくる清涼な風と相まって、畑の中でも場所により微妙な気候の違いを作り出す(マイクロ・クライメット)。そのため、ブロックごとの特性を見極め、慎重に栽培品種を選択することが非常に重要となる。「最適な品種を最適の場所に」という葡萄栽培の基本に忠実にしたがっているからこそ、ケンゾー エステイトの畑はどの葡萄品種においても上質な果実を実らせる。そして、個性に富んだ葡萄は多彩な表情を持ったワインを生み出していくのだ。

カベルネ・ソーヴィニヨン

ケンゾー エステイトの
赤ワインの骨格を作り出す

力強いタンニンと豊富な酸を含み持ち、ワインに堅牢な骨格を与えるボルドー原産の黒葡萄品種、カベルネ・ソーヴィニヨン。ワインの歴史の中で数多くの名品を生み出してきたこの黒葡萄は、ケンゾー エステイトの赤ワインづくりにおいても非常に重要な品種であり、栽培面積も一番大きい。フラッグシップワイン『紫鈴 rindo』に一番多くブレンドされるのもこの品種であるが、中でも最良の葡萄は、プレステージ・キュベ『藍 ai』として花開く。晩熟のため、最後に収穫されるこの葡萄は、ナパの太陽の恵みを存分に受けながら、豊富なフェノール類と香味成分を蓄えるため、ケンゾー エステイトの赤ワインの骨格となり、深みある味わいをもたらす。

カベルネ・フラン

無二の華やかさを醸し出す
奇跡のカベルネ・フラン

ボルドー原産でカベルネ・ソーヴィニヨンの親にあたるカベルネ・フランは、ボルドータイプのワインでは補助的な品種としてブレンドされることが多い。ケンゾー エステイトにおいても、特にフラッグシップの『紫鈴 rindo』には20~30%ほどブレンドされ、繊細でしなやかな果実味を与えている。しかし、ケンゾー エステイトのカベルネ・フランはブレンドの脇役には留まらない。どうしても未成熟な香りが出がちなこの葡萄も、ケンゾー エステイトでは理想的な完熟を果たす。この奇跡の葡萄に着目した辻本憲三が生み出したのがケンゾー エステイト第4の赤ワイン『明日香 asuka』。カベルネ・フランで高級ワインを作るのは難しい、というワイン業界でまことしやかに語られる常識も、その華やかさと芳醇さの前には霞んでいくはずだ。

メルロー

豊かな果実味で
まろやかさを作り出す

カベルネ・ソーヴィニヨンに比べて早熟なボルドー原産の黒葡萄品種。高い糖度と穏やかな酸、柔らかなタンニンに豊かな果実味を特徴とするこの葡萄は、カベルネ・ソーヴィニヨンとのブレンドでは大きな役割を果たす。力強さを身上とするカベルネ・ソーヴィニヨンの個性に優しく寄り添い、その堅牢な骨格を柔和かつふくよかな味わいで包み込み、ワインに豊かな肉付きを与えるのだ。ケンゾー エステイトの赤ワインでは、『紫鈴 rindo』『藍 ai』にもブレンドされているが、最もブレンド比率が高いのが『紫 murasaki』であり、このワインの、何よりも優雅な個性を作り出すのに、メルローが大きな役割を担っている。

プティ・ヴェルド

漆黒の珠に秘めた
スパイシーな魅力

ケンゾー エステイトの葡萄畑を探索していて、ひときわ果皮が黒く、小ぶりな葡萄を見かけたら、それはプティ・ヴェルドと思って間違いない。漆黒とも言えるその果粒が想起させるとおり、この葡萄は濃いタンニンとスパイシーな香りを特長とする。ボルドーブレンドのワインにおいてその役割は、まさに料理におけるスパイスのように、ワイン全体の味わいを引き締め、果実味を引き立たせる。強い個性ゆえにケンゾー エステイトの赤ワインにとっても、少量のみブレンドされる脇役ではあるものの、この葡萄なくしてワインの味わいは完成しない。より深みと複雑さを与え、スパイシーなアロマをもたらすプティ・ヴェルドはケンゾー エステイトの赤ワインの画竜点睛なのだ。

ソーヴィニヨン・ブラン

この土地で育つソーヴィニヨン・
ブランは他にはない個性を持つ

ケンゾー エステイト唯一の白ワイン『あさつゆ asatsuyu』を生み出すケンゾー エステイトのソーヴィニヨン・ブラン。高級白ワインと言えばシャルドネが主流のナパ・ヴァレーにあって、ケンゾー エステイトがソーヴィニヨン・ブランでの高級ワインづくりにこだわったのは、ひとえにこの土地がどこよりもソーヴィニヨン・ブランの栽培に適していたからに他ならない。事実、同じクローンの苗木を他のワイナリーで栽培しても、『あさつゆ asatsuyu』に並ぶ個性が発揮された例は未だない。芳醇にして爽快、そして確固としたミネラルを併せ持つ、何よりもピュアなその味わいは、ケンゾー エステイトの純粋な自然環境なしには得られない唯一無二の個性なのだ。