• image01

夢久 muku

太陽の恵みを受けて香り立つ甘美なレイトハーベスト『夢久 muku』

『夢久 muku』と名付けられたソーヴィニヨン・ブランのレイトハーベスト(遅摘みの甘口白ワイン)は、豊かな香りと果実の凝縮感に溢れる希少なデザートワイン。理想的な状態で栽培されたソーヴィニヨン・ブランの畑を選別した上で、本来の収穫時期を遅らせ、1ヶ月過熟させることにより、燦々と降り注ぐナパ・ヴァレーの日差しが果皮の色を美しいゴールデンブラウンに変化させ、果実の糖度を高めていきます。グラスを傾けると、ワインから充分に熟した果実、薔薇の花びら、白桃やグアバのコンフィなどの穏やかな香りが漂い、その美しい装いからは純粋無垢を連想させる幸福感に満ちた一本に仕上がりました。様々なシチュエーションや料理との相性も良い、心やすらぐ甘口の白ワインです。

夢久の最新ヴィンテージはオンラインショップでお求めいただけます。※数に限りがある商品のため、在庫がなくなりしだい完売となります。

▶ ONLINE SHOP

tasting comment

  • 外観
    輝きのあるゴールデンイエロー
    香り
    ライチやピーチ、 林檎のような甘く熟した果実の香りが花開き、 ほのかに硬質なミネラルを感じられます。
    味わい
    爽快感に溢れ伸びやかな酸、熟した果実のような上品な甘さが口の中を優しく包み込みます。柑橘系の爽やかな味わいが、長い余韻として続きます。
  • 外観
    輝きのあるゴールデンイエロー
    香り
    花びらや桃、グアバのコンフィのような甘く熟した果実の香りが花開き、ほのかに硬質なミネラルを感じられる。
    味わい
    爽快感に溢れ伸びやかな酸、熟した果実のような上品な甘さが口の中を優しく包み込む。柑橘系の爽やかな味わいが、長い余韻として続きます。
  • 一般リリースはしていないテスト生産のヴィンテージ
    温暖で乾燥した気候の2013年、凝縮した葡萄が育つ条件が揃ったこの年に、ケンゾー エステイトでは新たな試みが行われました。芳醇な白ワインあさつゆ asatsuyuを生むケンゾー エステイトのソーヴィニヨン・ブラン、この葡萄から最高のデザートワインを作れるのではないか、そう考えた醸造家ハイディ・バレットは一部の葡萄畑の収穫を遅らせて、ごく少量のデザートワイン「夢久 muku」を創り出したのです。

    生産量があまりに少ないこのヴィンテージは、日米のテイスティングルーム・直営店でのみゲストにテイスティングで提供しました。あさつゆ asatsuyuに似た爽やかさとピュアな果実味を残しながらも、上質な果実から来る品の良い甘みを持つこのデザートワインはゲストに大好評でした。そうして夢久 mukuはケンゾー エステイト第7のワインとして、2014年に正式リリースされることになります。